5月

「エメラルド」Emerald 宝石言葉:幸運、夫婦愛
紀元前4000年、歴史上最古の宝石市場バビロンで取引されていたと言われています。

エジプトではクレオパトラ女王が所有していたエメラルド鉱山の遺跡が発掘されています。
その神秘的な、すがすがしい緑色は、エメラルド・グリーンという色の名前を生んだほどです。

エメラルドには一般に「石れい」と呼ばれる特有の内包物や、細かい傷が見られます。
形成過程で必然的に出来るものなので、天然石である証拠だと考えて下さい。

「ヒスイ」Jadeite 宝石言葉:幸福、幸運
ヒスイにはジェダイト(硬玉)とネフライト(軟玉)があり、これらは別種の鉱物で宝石としての価値も大きく異なります。
ネフライトはジェダイトと全く違う安価な鉱物です。
海外の土産店で売られているヒスイは、大半がネフライトと考えていいでしょう。
一般にジェダイトの方をヒスイと呼びます。

ヒスイは緑色のものが最もポピュラーですが、ラベンダーや赤、オレンジや黒といった様々な色があります。
東洋で古くから愛され続けているのはジェダイトで、本翡翠とも呼ばれています。
中国はジェダイトの産地と思われがちですが中国では殆んど採れず、主にミャンマーで産出されます。
ヒスイは半透明から不透明な石ですが、より透明度の高いものほど良質とされます。
透明度の高い濃いエメラルド・グリーンのものが、最も高価です。

製品Aシリーズ 01

noimage
sampleテキストsampleテキストsampleテキストsampleテキストsampleテキストsampleテ キストsampleテキストsam

製品Aシリーズ 02

noimage
sampleテキストsampleテキストsampleテキストsampleテキストsampleテキストsampleテ キストsampleテキストsam

製品Aシリーズ 03

noimage
sampleテキストsampleテキストsampleテキストsampleテキストsampleテキストsampleテ キストsampleテキストsam

製品Aシリーズ 04

noimage
sampleテキストsampleテキストsampleテキストsampleテキストsampleテキストsampleテ キストsampleテキストsam

製品Aシリーズ 05

noimage
sampleテキストsampleテキストsampleテキストsampleテキストsampleテキストsampleテ キストsampleテキストsam

製品Aシリーズ 06

noimage
sampleテキストsampleテキストsampleテキストsampleテキストsampleテキストsampleテ キストsampleテキストsam