"色石ジュエリー" の一覧

 
Currently browsing色石ジュエリー:

 
メインストーンに色石を使ったジュエリーをご紹介します。
 
カラーストーンとはダイヤモンドを除く宝石を意味します。その美しい色は、自然環境の中で偶然が折り重なってできた奇跡の産物です。種類が豊富なので自分らしさを演出するのに最適です。是非、あなた色の宝石を見つけてみて下さい。
 
カラーストーンの価値は①カラット(重さ)、②クラリティ(内包物の状態)、③カラー(色合い×明るさ×彩やかさ)、④ブリリアンス(照り、輝き)で決定いたします。

K18WG アレキサンドライト D入 リング

s-K18WG アレキサンドライト D入 リング

大変稀少な為、「宝石の王様」と呼ばれています。1830年ロシアのエメラルド鉱山で、当時のロシア皇帝アレキサンダー2世の誕生日に発見されたことからアレキサンドライトと名付けられました。 光源の種類によりカラーチェンジする事
続きを読む…

K18WG カルセドニー サファイア D入 リング

s-K18WG カルセドニー サファイア D入 リング

カルセドニーとは、ブラックオニクスやカーネリアンと同じメノウの一種です。カルセドニーはボスポラス海峡に面していたギリシアの町「カルケドン」が青色のメノウの産地であったことから命名されました。特に青紫色の「ブルーカルセドニ
続きを読む…

PT エメラルドキャッツアイ D入 リング

s-PT エメラルドキャッツアイ D入 リング

キャッツアイと言えば蜂蜜色が美しい「クリソベリルキャッツアイ」の代名詞ではありますが、実は他の宝石でも見る事ができます。結晶内にチューブ状(管状)のインクルージョンが規則的に入ることで、筋と直角に猫目が現れます(きれいな
続きを読む…

PT ユークレース D入 リング

s-PT ユークレース D入 リング

「ユークレース」は鉱物として極めて希少で、世界各地の鉱物フェアでも滅多に見かけることがないと言われています。ましてや、このように宝石用にカットできるほど透明で、大きさがあるものは滅多に存在しません。 清涼感あるユークレー
続きを読む…

K18WG ブルージルコン D入 リング

s-K18WG ブルージルコン D入 リング

誰もが目を奪われる、清涼感溢れる爽やかなエナメルブルーが魅力の天然石ジルコンを使った、すっきりしたデザインが魅力のリング。名は似ていますが、人造石「ジルコニア」とは全く別物です。 既に在庫がないケースがございます。詳細は
続きを読む…

K18WG アイオライト D入 リング

s-PT アイオライト D入 リング

大洋の海を思わせる濃厚な青が美しいアイオライトは「ウォーター・サファイア」の異名を持ちます。ギリシャ語でスミレ色を意味する「ios」にちなみます。角度によって、青や茶、無色に見える多色性が特徴で、バイキングがその特性を生
続きを読む…

PT ハックマナイト アレキサンドライト D入 リング

s-PT ハックマナイト アレキサンドライト D入 リング

「ハックマナイト」という宝石名は、フィンランドの地質学者「ハックマン博士」に由来します。ソーダライトの変種で、テネブレッセンス効果が特徴。この効果は自然光を浴びると色が濃くなり、10分から15分かけて次第に元の色に戻ると
続きを読む…

K14WG サンゴ D入 ブローチ兼ペンダント

s-K14WG サンゴ D入 ブローチペンダント

サンゴは海に住むサンゴ虫が集まって作った樹枝状のコロニー(建物)の残存骨格です。色は赤・ピンク・オレンジ・白など様々あり、特に濃い赤の「血赤サンゴ(別名:オックスブラッド)」は高級品です。また、淡いピンクの「ボケサンゴ(
続きを読む…

K18WG ラピスラズリ D入 イヤリング

s-K18WG ラピスラズリ D入 イヤリング

ラピスラズリは日本では「瑠璃」と呼ばれ、19世紀までは粉末を顔料として使い、かのフェルメールも愛用したことで知られています。また古来、クレオパトラがアイシャドーに使い、ツタンカーメンの仮面には今も鮮やかにラピスラズリのブ
続きを読む…

PT/K18YG ブルーサファイア D入 リング

s-PT/K18YG ブルーサファイア D入 リング

サファイアはラテン語で「青」を意味する宝石。ダイヤモンドの次に硬い宝石で、代表的な青色の他に、ピンクやグリーンなど様々なカラーバリエーションがあります。 サファイアは神に近い石とされて、法王や枢機卿もサファイアリングを着
続きを読む…